ニキビを改善するスキンケアについて

 

治ったと思ってもすぐにぶり返してできる頑固なニキビはたいへん厄介なものです。

ニキビは、過剰に分泌された皮脂や古い角質が毛穴をつめてそこにアクネ菌が集まり炎症を起こすことで発生します。

ですので、ニキビを改善するためには毛穴の通りを良くしてやることが重要です。

間違ったスキンケアを続けているとさらにニキビを悪化させてしまい、月のクレーター状の汚い痕が残ってしまうケースもあるので注意が必要です。

正しいスキンケアとは、帰宅したらすぐにクレンジングをしてメイクを落として洗顔をすることです。

クレンジング剤は刺激の少ないミルクタイプのものがおすすめで、できるだけ界面活性剤や鉱物油、パラベン、アルコールなど添加物が含まれていないものを選ぶようにしてください。

顔に優しく広げて、十分に馴染ませてからぬるま湯で流し落としてください。

その後は、たっぷりと泡立てた洗顔料で、毛穴の中を泡で洗うイメージで優しく洗い、すすぎ残しがないように十分にすすぎ流します。

ニキビができているところは、泡を乗せておくだけにして、決してゴシゴシと強く擦らないようにしましょう。

清潔なタオルを使ってポンポンと押すように水分を拭き取ります。

洗顔後は、肌を乾燥から守るためにすぐにローションなどを塗り肌に潤いを与えますが、皮脂の分泌を抑えて、肌のコラーゲンに働きかけ皮膚の再生を促進する効果の高いビタミンC誘導体など有効成分が配合された化粧品を選ぶようにしてください。

正しいスキンケアを毎日続けることで、肌のターンオーバーが正常に働くようになり、老廃物が毛穴から自然に剥がれ落ち新しい皮膚が作られるので、ニキビが次第に改善されていきます。

健康な肌になってくるので、ニキビの予防にも繋がります。

正しいスキンケアで外からのケアを行い、食生活や睡眠時間など生活習慣の見直しで、身体の内側からのケアを行うことで、相乗効果でさらにニキビが改善されていきます。

 

 

抜け毛予防は頭皮環境の改善から

 

男性の脱毛症のほとんどはAGAと呼ばれる男性型脱毛症で、この原因は男性ホルモンが関わり、遺伝的な要因が強いのでヘアケアだけではなかなか改善は期待できません。

それに対して女性の脱毛症は、普段の生活習慣と頭皮環境が深く関係しています。

ですので、女性の抜け毛を予防するには、毎日、規則正しい生活を送り、そして、髪が育ちやすい頭皮環境に改善することが有効になります。

髪を育てる能力が低下している頭皮を改善すれば、抜け毛を予防することができて、同時に髪が生えやすくなるというわけです。

そのためには、まず、頭皮の血行を良くすることです。

頭皮の血行が良くなれば、毛根の一番奥にあり、髪の製造工場と呼ばれている毛母細胞と毛乳頭までしっかりと栄養素と酸素が行き渡るようになり、その結果、細胞分裂が活発になって髪がイキイキと育つそうになります。

髪と頭皮は、植物と土壌の関係と同じで、栄養豊かな土壌にはイキイキと元気な植物が育つように栄養素と酸素が行き渡る頭皮には元気な髪が育ちます。

また、頭皮に余分な皮脂や汚れが残っていると毛穴を塞いで抜け毛の原因を作ってしまうので、常に清潔な状態を保ち、保湿も十分に保たれていなければなりません。

ですが、清潔な状態が大切だからと、1日に何回も洗髪するのは逆効果になり、さらに、シャンプー剤にも注意が必要です。

自分の頭皮に合わない成分が含まれていたり、強い洗浄成分が使われていると、頭皮に負担をかけることになります。

もし、新しいシャンプー剤に変えて、フケが多くなったり、かゆみが出たという変化があれば、そのシャンプー剤は自分の頭皮に合っていないものと考えられます。

また、市販されているシャンプー剤の中には「育毛」「薬用」などと謳っている商品もありますが、基本的にシャンプー剤には育毛、発毛を促す成分は含まれていないので、育毛、発毛の効果は期待できません。

髪が育ちやすい健康的な頭皮は、青白い色をして毛穴に余分な皮脂や汚れのない状態です。

逆に不健康な頭皮は、赤く炎症していたり、フケが多かったりして毛穴に余分な皮脂や汚れが付着している状態です。

自分の頭皮環境をチェックして、それに対応したヘアケアを行いましょう。