ニキビを改善するスキンケアについて

 

治ったと思ってもすぐにぶり返してできる頑固なニキビはたいへん厄介なものです。

ニキビは、過剰に分泌された皮脂や古い角質が毛穴をつめてそこにアクネ菌が集まり炎症を起こすことで発生します。

ですので、ニキビを改善するためには毛穴の通りを良くしてやることが重要です。

間違ったスキンケアを続けているとさらにニキビを悪化させてしまい、月のクレーター状の汚い痕が残ってしまうケースもあるので注意が必要です。

正しいスキンケアとは、帰宅したらすぐにクレンジングをしてメイクを落として洗顔をすることです。

クレンジング剤は刺激の少ないミルクタイプのものがおすすめで、できるだけ界面活性剤や鉱物油、パラベン、アルコールなど添加物が含まれていないものを選ぶようにしてください。

顔に優しく広げて、十分に馴染ませてからぬるま湯で流し落としてください。

その後は、たっぷりと泡立てた洗顔料で、毛穴の中を泡で洗うイメージで優しく洗い、すすぎ残しがないように十分にすすぎ流します。

ニキビができているところは、泡を乗せておくだけにして、決してゴシゴシと強く擦らないようにしましょう。

清潔なタオルを使ってポンポンと押すように水分を拭き取ります。

洗顔後は、肌を乾燥から守るためにすぐにローションなどを塗り肌に潤いを与えますが、皮脂の分泌を抑えて、肌のコラーゲンに働きかけ皮膚の再生を促進する効果の高いビタミンC誘導体など有効成分が配合された化粧品を選ぶようにしてください。

正しいスキンケアを毎日続けることで、肌のターンオーバーが正常に働くようになり、老廃物が毛穴から自然に剥がれ落ち新しい皮膚が作られるので、ニキビが次第に改善されていきます。

健康な肌になってくるので、ニキビの予防にも繋がります。

正しいスキンケアで外からのケアを行い、食生活や睡眠時間など生活習慣の見直しで、身体の内側からのケアを行うことで、相乗効果でさらにニキビが改善されていきます。