月別アーカイブ: 2016年12月

抜け毛予防は頭皮環境の改善から

 

男性の脱毛症のほとんどはAGAと呼ばれる男性型脱毛症で、この原因は男性ホルモンが関わり、遺伝的な要因が強いのでヘアケアだけではなかなか改善は期待できません。

それに対して女性の脱毛症は、普段の生活習慣と頭皮環境が深く関係しています。

ですので、女性の抜け毛を予防するには、毎日、規則正しい生活を送り、そして、髪が育ちやすい頭皮環境に改善することが有効になります。

髪を育てる能力が低下している頭皮を改善すれば、抜け毛を予防することができて、同時に髪が生えやすくなるというわけです。

そのためには、まず、頭皮の血行を良くすることです。

頭皮の血行が良くなれば、毛根の一番奥にあり、髪の製造工場と呼ばれている毛母細胞と毛乳頭までしっかりと栄養素と酸素が行き渡るようになり、その結果、細胞分裂が活発になって髪がイキイキと育つそうになります。

髪と頭皮は、植物と土壌の関係と同じで、栄養豊かな土壌にはイキイキと元気な植物が育つように栄養素と酸素が行き渡る頭皮には元気な髪が育ちます。

また、頭皮に余分な皮脂や汚れが残っていると毛穴を塞いで抜け毛の原因を作ってしまうので、常に清潔な状態を保ち、保湿も十分に保たれていなければなりません。

ですが、清潔な状態が大切だからと、1日に何回も洗髪するのは逆効果になり、さらに、シャンプー剤にも注意が必要です。

自分の頭皮に合わない成分が含まれていたり、強い洗浄成分が使われていると、頭皮に負担をかけることになります。

もし、新しいシャンプー剤に変えて、フケが多くなったり、かゆみが出たという変化があれば、そのシャンプー剤は自分の頭皮に合っていないものと考えられます。

また、市販されているシャンプー剤の中には「育毛」「薬用」などと謳っている商品もありますが、基本的にシャンプー剤には育毛、発毛を促す成分は含まれていないので、育毛、発毛の効果は期待できません。

髪が育ちやすい健康的な頭皮は、青白い色をして毛穴に余分な皮脂や汚れのない状態です。

逆に不健康な頭皮は、赤く炎症していたり、フケが多かったりして毛穴に余分な皮脂や汚れが付着している状態です。

自分の頭皮環境をチェックして、それに対応したヘアケアを行いましょう。

 

 

エイジングケアをして美肌を手に入れる方法

 

よくアンチエイジングとかエイジングケアなどと聞きますが、アンチエイジングというのは若返りの事や老化防止の事を指し、エイジングケアというのは加齢によって起こるお肌の状態をケアしてあげ、年齢に負けない美肌を作る方法の事を言います。

実はお肌は25歳が曲がり角と言いますが、実際には20歳を過ぎると保湿作用や保水作用が低下していき年齢を重ねるごとに年々「エイジングサイン」(加齢によるサイン)が増えていきます。

そのサインとは毛穴が目立つようになったとか、乾燥がひどい、シワが増えた、頬や瞼がたるんできた、シミが増えた、化粧ノリが悪くなってきたなど様々ですが、実はすべて基本はお肌の保水機能・保湿機能の低下が原因となっています。

ですから洗顔~スキンケア方法、マッサージやエクササイズ、紫外線対策、生活習慣などを見直しお肌が元々もつ保水機能や保湿機能を出来るだけよみがえらせてあげる事が大事です。

まず、洗顔は洗浄力が強すぎず刺激の少ない物を選びよく泡立ててから泡で洗います。

この際に指が触れ、摩擦が起こるとお肌の大事な保湿成分やセラミドなどの細胞間脂質までも落としてしまい乾燥しやすいお肌になりますので優しく丁寧に洗います。

次に化粧水を両手で顔にハンドプレスし、乾燥が気になる部分はコットンパックなどをして最後に乳液やクリームなどで蓋をしてあげます。

そして週に一度はコラーゲンなどの生成や顔にたまった老廃物を排泄する為に顔の血流を良くしてあげるマッサージ・筋力を維持するエクササイズなどを行いつつ、出来れば顔とつながった頭皮のマッサージも行います。

これだけでたるみやシワの予防、そして保湿機能を維持する為のエイジングケアにかなり効果的です。

他にも顔周辺だけではなく体全身の血流促進や美肌に欠かせない快眠のため、寝る前のストレッチも有効ですし、食事の際にビタミン類やたんぱく質を積極的に摂る事も体の中からエイジングケアが出来るのでおすすめです。