基礎代謝量をアップすれば効率よく痩せられる!

 

一般的に言われる人の体の中の代謝、また、ダイエットを志す人に、ぜひ、知っておいてもらいたい代謝は、基礎代謝と活動代謝の二つです。

その中でも基礎代謝は、人が生きていくうえで絶対に必要な呼吸であったり、心臓や内臓を動かしたり、体温調節などの生命維持のために最低限必要なエネルギー代謝のことです。

一方の活動代謝は、仕事や家事などのさまざまな日常的作業をしたり、ダイエットのための運動などに使われるエネルギー代謝のことです。

この基礎代謝は、一般的な社会生活をしている人なら1日あたりの総消費量の約60~70%を占めており、残りの約30~40%は活動代謝になります。

つまり、1日の総消費量が2000キロカロリーの人なら、そのうち約1200~1400キロカロリーが基礎代謝による消費ということになるわけです。

この基礎代謝量をアップすることができれば、ダイエットのためのウォーキングやジョギングなどの有酸素運動を行わなくても、1日あたりの消費量を高めることができて、効率良くダイエットがスムーズに行えるようになります。

では、基礎代謝量をアップするには、どうすればいいのでしょうか?

実は、基礎代謝量は筋肉量と比例関係にあります。

体の中で、最もエネルギーを消費してくれる器官は、筋肉です。

ようするに、筋肉量が多い人は基礎代謝量も高いということです。

ですので、筋力トレーニングで筋肉を鍛えて、筋肉量を増やせばいいわけです。

ですが、一般的にダイエットに効果的な運動は、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動が主流となっており「ダイエットの王道」とまで言われています。

確かに、有酸素運動は、体脂肪を燃焼するという効果がありますが、その効果はほんの微々たるものです。

1時間かけてウォーキングしても、その効果はほんの僅かで、時間をかける割には効率がよくないということです。

それに対して、筋肉は1日10分くらいからのトレーニングで筋肉を鍛えることができます。

しかも、毎日する必要もありません。

毎日、時間に追われて忙しい人は、なかなか有酸素運動を続けることは難しいですが、筋力トレーニングは、10~30分くらいの時間が取れれば簡単に行うことができます。

ぜひ、ダイエットを志そうと考えている人は、まずは、筋力トレーニングから始めてみましょう。

また、新陳代謝など体内のさまざまな代謝を高めて、結果的に基礎代謝量をアップするダイエット法としては、リンパダイエット(大澤美樹 ダイエット)や酵素ダイエットなどが女性の間で人気となっています。

実際に、ネット通販では、酵素ドリンクが売り上げを伸ばしているようです。

 

 

 

正しい洗顔とスキンケアについて

 

顔を洗うときに熱湯で洗うと落としてはいけない皮脂も落ちますし、洗えてないところが残っているとトラブルの原因として乾燥肌やニキビが起こってしまうので意識しておくことが大切です。

このように、肌のケアで一番大切にしたいことは、正攻法の洗顔をすることです。

問題のある洗顔の仕方は、肌のダメージを大きくしてしまい、潤いを低下させるファクターでもあります。

無理な洗い方をせずやわらかく洗う、入念に洗い流すことを行うそのようなことをふまえて、顔を洗い流すようにしてください。

そして、洗顔後は、直ちに惜しみなく化粧水を優しく顔に当て吸収させ、必ず乳液を塗り、水分を逃さないようにしてください。

より乾燥が気になる目もと口元は、多少多めに塗るようにしましょう。

お肌が乾燥しているという方はたくさんいらっしゃると思いますが、スキンケアのテクニックを変えるだけでびっくりするくらいに肌質が改善します。

洗顔石鹸をよく泡立てて洗い、ぬるめのお湯で流すことで乾燥肌とさよならすることができるのです。

逆に、乾燥肌に良くない洗顔方法は拭き取り型の洗顔シートを使用することです。

大切な皮脂も一緒に落としてしまうので、このお手入れ方法はお勧めできません。

そして、洗顔後の保湿は乾燥肌の予防、改善に大事なことです。

ここをサボってしまうと肌の乾燥をすすめてしまいます。

そのほか、クレンジングやメイク用品についても保湿力や保水力のあるものを使ってください。

すっぽん小町 通販

また、基礎化粧品はお肌にそのままつけるように作られていますので、当然大切ですが、素材の良さにもこだわって選びたいものです。

お肌にダメージを与えないためにも、使われている成分や原材料をよく確認して、変な物質の入っていない商品、可能であればオーガニック素材の商品を選びたいものです。

完璧な化粧も悪くないですが、大事なのはやっぱり肌が、もともと持っている美しさだと思います。

肌のお手入れを第一に行い、肌本来の美しさを覚醒させ、いつかありのままの素顔でも人前に出るのが楽しくなるくらいの自信を持てることを望みます。